もう今後、吃音(どもり)に悩む必要なんてありませんよ。

吃音改善の経緯

吃音改善の経緯



あなたに吃音改善プログラムのお話をしていきたいのですがその話をする前に、まずは私が吃音を改善するまでに至った経緯を少しだけあなたにお話させていただければと思います。



正直に言えば、私の少女時代のお話はあまりしたくはありませんでした。


それは重度の吃音で悩まされ続けていた私の少女時代が「辛かったか」「辛くなかったか」と言ったら、やはり「辛かった」という記憶が鮮明に残っているからです。


それを思い出すということ自体が私自身、辛い気持ちになってしまうため、本当ならもう二度と思いだしたくはなかったのですが、私の辛い過去をあなたにお話することで、過去の私と同じ体験をしている現在のあなたやあなたのお子様が、少しでも勇気付けられれ
ばと思い、今回辛い気持ちを我慢して書く決意をしました。



それではお話していきますね。


私は昭和23年、5人兄弟の3番目の長女として生まれました。


父は力仕事のできる男の子が欲しかったのか、私が生まれたとき「何だ、女か」と言い、あまり歓迎しなかったそうです。


そのため私は母親が大好きでした。

いつも母親にべったりとくっつき、どこへ行くにも側を離れなかった、そんな記憶が鮮明にあります。


しかしそんな大好きな母は5人目の子どもを出産後、体調が優れず寝ていることの方が多い時期がありました。


私は子ども心に不安がつのり、眠れない夜が続いた事をよく覚えています。


そんなある日のこと、私は物心がつき始め、自分自身の異変に気づいたのです。


それは、最初の第一声がなかなか出てこないのです。


声が出ても、喉の奥に何かつっかえたものがあるように、どもってうまく話せない、そんな自分に異変を感じたのです。


「おい京子、きちんと挨拶しないか」



「こ、こ、こ、こんにちは」



話したくてもうまく話せない、そんな自分が嫌で仕方がありませんでした。


それは小学生、中学生になっても続きました。


どもる人は皆同じ気持ちになると思いますが、私は小学校、中学校と本読みが大の苦手でした。


そのため本読みのある授業の前の日は、夜遅くまで部屋へこもり人の何倍も読む練習をしていました。


よく、一人で練習するときはどもらないといいますが、私の場合はなぜか意識しすぎるのかどもっていました。


一人で練習しているにも関わらず、どもっているわけですから、当然あてられて読むときはひどいものです。


どもる度に周りの視線が気になり、出来ることなら教室から逃げたい、そんな気持ちになることはしょっちゅうでした。


「学校へ行きたくない…」


そう思うことは、幾度とありましたが、私は勉強は好きでしたので、周りの視線を我慢し、学校でも家でも勉強だけは一生懸命頑張りました。


その甲斐もあり、成績は上位を取らせていただいていました。


しかし、その事が裏目に出てか、中学三年生のとき生徒会役員に推薦されてしまったのです。


その時は本当に泣きました。



全校生徒の前で立候補の挨拶をしなければいけなかったからです。


でもこんな事は、私にとってはまだまだ序の口の事だったのです。


私が一番『吃音』で辛い思いをしたのは、高校に入学してからなのです。


私は県下でも有数の進学校へ運よく入学することができたのですが、私が吃音で本当に辛い思いをしたのはこの高校へ入学してからなのです。


当たり前のように国語の本読み、古文、漢文にいたってはひどい有り様でした。


どもりにどもっていて、周りの馬鹿にするような、にやけた目が痛いくらい感じていました。


また英語に関しては、なかなか発音ができない為に立たされた経験もあります。


こっちはどもりたくってどもっているわけではないのに、発音が出来ないために立たされるのです。


今現在、私自身が教師をしている立場だからこそ言えるのですが、同じ教師として、こんな教師は教師失格だと私は思います。


高校生と言えば思春期の時期です。



そんな時期にこんな、どもった人間がいるのです。



クラス中が馬鹿にするような雰囲気になるのは容易に想像がつくことと思います。


私はそんな毎日がとても辛く、勉強がまったく手につきませんでした。



もちろん成績は下がる一方でした。


しかし私は社会に出て活躍したいという大きな夢を持っていました。



当時、女性が社会で活躍できる場は教師になることでした。


しゃべることの苦手な私が教師になる。


私にとってはかなり勇気のいる決断だったのですが、私は夢を諦めきれず教師になる決意をしました。


そして私は地元の大学に入学することが出来たのですが、そこで私を待ち構えていたのは、私の一番嫌いだった国文学でした。


国文学、つまり国語と言うものは言わば一つの“トラウマ”みたいなものになっていました。


「言葉」をうまく話せないわけですから、授業自体が嫌で仕方がありませんでした。


しかし私は負けん気の強い女でしたので大学へは一時間以上も早く行き、国文学を徹底的に勉強しました。


そして何とか国文学をクリアし、私は愛知県の学校の教師になることができたのです。


私が夢にまで見た教師になる夢を掴み取ることが出来たのです。


しかし・・・


私は親にずっと感謝して生きてきたのですが、この時始めて親を恨むくらい恥ずかしい思いをしました。


それは「入学式」です。


入学式には生徒の呼名がありますよね。


つまり自分の受け持つクラスの生徒の名前をマイクを使って呼ばなければいけないのです。


私は一人の名前を呼ぶたびにどもる。


私がどもる度に生徒や父母がざわつく感じが誰が見てもわかりました。


「自分が情けない…」

「どうしてこんな私を産んだの…」

私はこれまで本当に親に感謝をして生きてきましたが、この時ほど親を恨むくらい自分が情けないと思った日はありませんでした。



そんな私はどうしても自分を変えたくて、夏休みに3週間という長期休暇を使い、高額なお金を支払い東京の吃音矯正所へ入る決意をしました。


期間は3週間。


さらに高額なお金を支払っているわけですから、私の期待は頂点にまで達していました。


「あなたの吃音の原因は心理的なものです」

と言われ、


毎朝精神安定剤を飲まされては、しゃべる練習をひたすらするだけ


初めの数日は我慢して続けましたが、初めから疑問を持っていた私は、数日後院長室へ行き、「こんな方法では治らない」と訴えました。


すると院長は


「今から私の講義が始まるから、その時にあなたにあてるので朗読しなさい」

と言われました。


事前に言われたことで開き直ることができたのか、その時はどもることなく朗読することができました。


院長は得意げに「それでいいのです」と私へ言いましたが、私は喉の奥にある何かがまったく取れていなかった感覚がずっとありました。


多分、現在や過去に私と同じように吃音矯正所へ通ったことのある方はこの事が本当によく解るかもしれませんね。


そんな思いのまま、間もなく3週間が過ぎようとしていたときのことです。


私が諦めかけていたその時、吃音矯正所へ吃音を実際に改善したという方がたまたま遊びに来てくれたのです


はっきり言ってしまえば、私はこの吃音矯正所へ支払った高額なお金はすべて無駄だったと思うのですが、このたまたま遊びに来てくれた方と出会わせてくれたのだと考えると、矯正所へ行って本当に良かったと今でも思います。



この方は皆の前で、自分が吃音を改善した成功談を語ってくれました。


話す内容一つ一つがどれも私に衝撃と期待を与えたのです。


私はこの方にとても興味が湧き、お話が終わった後も直接交流をしたいことを伝えました。


この方は快く承諾してくれて、私は吃音矯正所の期間が終わった後も、この方と直接連絡を取り合うようになったのです。


そしてこの方が実際にやったという方法を、素直に実行するようにしたのです。


驚いたのが、この方のトレーニングというのは本当に簡単なものだったのです。


そうです。1日たった9分なのです。



今まで高額なお金を使い、朝から晩までトレーニングをしたにも関わらず全く効果の感じられなかった訓練をしてきた私にとっては衝撃的でした。



正直言えば、

「ほんとにこんなことで、今まで21年以上も苦労してきたどもりが治るの?」


と、半信半疑だったことは正直に言っておきます。


しかし私はその方が言うことは妙に説得感があることと、またその方自体がこの方法で実際に改善したという経験を持っているということから、私は素直に実行したのです。



1日9分ほどなので、ダメもとでやってみようという気持ちもあったのかもしれません。


しかしプログラムを開始して1週間くらいが経った頃でしょうか。


人と話すときに感じていた頭をぐるぐる回っていた緊張が嘘のようにとけ、日を追うごとにどもりが消えていくのがわかるようになったのです。


それが21日目、思わぬことがきっかけで効果を抜群に感じることができたのです。


それは、職員会議の議長に当てられたときのことです。


スラスラと議事を進行することができたのです。


周りの先生方の驚いた顔が今でも鮮明に思いだすことができます。


あの時ほど、人生で喜びを感じたことは無いと言っても過言ではないかもしれません。


今では人前でも流暢にスラスラと言葉が出てくるようになりました。

昔の私では信じられません。


今の私と出会った人は、私が昔、吃音だったんてまったく思わないでしょう。


でも、私のやったことと言えば、1日たった9分の簡単なトレーニングだけ。


後は何もやっていないのです。



それにも関わらず、21日目の職員会議ではすらすらと議事を進行することが出来たのです。



つまり…



通常、吃音治療となると

治療院へ通ったり、自宅でも根気のいるトレーニングをしなければいけないというイメージが強いと思います。


今まで自分を苦しめ続けてきた“吃音”ですから、そう易々と改善はできないと思うのが普通ですよね。


しかしよく考えてみてください。


多くの吃音で悩む方が、高額な治療院へ通ったり、自宅で根気のいるトレーニングをしているにも関わらず、治らずに苦しんでいるのです。


ということは、
もしかしたら“その方法”自体が間違っているという可能性が強いとは思いませんか?


最近聞いた話なのですが、世の中の「成功者」と呼ばれる世の中の1%の方達は、その他99%の方達が共有している“成功法則”と呼ばれる情報とは全く違う情報を共有しているということを聞きました。


確かにその他の99%の方達が共有している成功法則が“正しい”のであれば、世の中全ての人が「成功者」になってしまいますよね。


ですが現実には全体の1%の方達が成功者と呼ばれているのです。


つまり成功者と呼ばれる1%の人たちの間には、一般の成功法則とはまったく違う情報が共有されているということだと思いませんか?


私はこの話を聞いた瞬間、


「あっ、これって私の吃音改善プログラムと一緒だ」

って思ったんですね。


一般的に吃音は「高額な治療院へ行かなければ治らない」だとか、

「根気のいるトレーニングを毎日長時間行い、それも長い期間やらなければいけない」

というイメージがほとんどだと思うのです。これが99%の方達の考えです。


しかし私のプログラムは、

[check]「自宅で簡単にできる」

[check]「自分ひとりでできる」

[check]「1日9分でできる」

[check]「35日で改善できる」

[check]「高額なお金なんて必要ない」


という、一般のイメージとはまったく逆の方法なのです。


そしてどちらが効果があるのかと言えば、私の経験結果やこの方法を実際に実践した方達の結果から言えば、明らかに後者の私のプログラムを実践した方が効果が高いのです。


その証拠として、すでにこのプログラムを実践し、「吃音が治った!」という方々から山のようにうれしい声が届けられています。


ここで全部をご紹介したいのですが、あまりにも沢山の声がありますので、ここではそのほんの一部をご紹介させていただければと思います。


このサイトの下方をお読みください。

吃音、どもりを自宅で簡単に克服するプログラム



a:997 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析